Windows XP/Vista/7の裏技

Windows XP、Vista、7の裏技や高速化をはじめ、問題解決方法、Autoitプログラミングについて紹介しています。自作ツールも配布しています。

必ずお読みください

広告

2010.01.10 Sunday

速報!Windows 7 32bitで4GB以上認識可能!

JUGEMテーマ:Windows


こんにちは、今日はWindows 7 32bitで4GB以上認識させる方法を紹介します。

みなさんご存知のとおり、32bitのOSでは4GB搭載していても3GBちょっとしか認識しません。


以下の画像を見て下さい。


↑実装メモリ(RAM)の部分を見ると3.25GB使用可能となっている。


↑物理メモリ(MB)の部分合計が3327となっている。

このようにメモリを4GB実装しても32bitでは3.25GBしか使えないのです。

しかし、先日発見した海外のソフトを使うと4GB以上を認識することができてしまったのです!

では実行後を見てみましょう。上の実行前と比べてみて下さい。

↑実装メモリ(RAM)の部分を見ると4.00GBのみで3.25GB使用可能は消えている。

↑物理メモリ(MB)の部分合計が4095となっている。

しっかり4GBを認識していますね^^

そのソフトが「ReadyFor4GB」というソフト。 VistaとWindows 7に対応しています)

追記:
BIOSが「Memory Remap Feature」に対応しているPCのみ4GB以上を使用することができます。

ダウンロード: ReadyFor4GB.zip

・「ReadyFor4GB」の使用方法

*特に不具合はありませんが、心配な方はバックアップを取っておきましょう。

まず「Administrator」でPCにログインして下さい。

Administratorでログインする方法:

Administratorでログインするには、ファイル名を指定して実行に
 
net user administrator /active:yes と入力、Enter。
 
一度再起動をするとAdministratorを選択することができます。


手順どおりに行ってください。

1.ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

2.ReadyFor4GBというフォルダの中に5つのファイルがあります。

3.まずReadyFor4GB.exeをダブルクリックで起動します。


4.「Apply」をクリック。


ここで「はい」をクリック。

しばらくすると以下が表示されるので「OK」をクリックします。


そして右上の×ボタンをクリックしてReadyFor4GB.exeを終了します。

5.次にReadyFor4GBフォルダの中の「AddBootMenu.cmd」をダブルクリック。

コマンドプロンプトが起動するので「Y」を入力してEnterをクリック。

OK,・・・・と表示されれば設定完了です。

このバッチはブートメニューに "OSの名前 [128GB with ntkr128g.exe]"を追加します。

Enterをクリックしてコマンドプロンプトを終了しましょう。

6.再起動しましょう

7.ブートメニューに"OSの名前 [128GB with ntkr128g.exe]"が追加されているので、

十字キーでそちらを選択して起動します。

うまく起動できればOK。

マイコンピュータのプロパティやタスクマネージャを起動して確認してみて下さい。

以降4GB以上を使用する場合はブートメニューに(Windows 7の場合)

"Windows 7"と"OSの名前 [128GB with ntkr128g.exe]"があるので、

"OSの名前 [128GB with ntkr128g.exe]"を選択して起動すればOKです。

4GB以上のメモリを有効に活用しましょう^^


追記:画面右下にテストモードが表示される場合の解決法

テストモードを削除するには以下のソフトを使用します。

追記:2010/02/12 URLを更新しました↓
http://nagabuchi.img.jugem.jp/20100212_1647174.zip (右クリック>対象をファイルに保存)

ダウンロードして解凍して下さい。


こちらもAdminisyratorでログインして実行して下さい。

RemoveWatermark_20090331フォルダ内に「RemoveWatermarkX86.exe」がありますので、

ダブルクリックで起動します。

コマンドプロンプトが表示されるのでキーボードの「Y」を押すと実行されます。

「Press Enter to exit」と表示されたらEnterを押してコマンドプロンプトを終了します。

そして再起動をしましょう。

起動後にはテストモードが消えています。


---------------------------------------------------------------------------------
2010/1/20 追記:現在確認されている不具合

1.ReadyFor4GBはテストモードで起動しているため、Blu-ray、地デジ等、著作権にうるさいものが、
WindowsにデフォルトにインストールされているWindows Media PlayerやMedia Centerでは再生できなくなるが、書き込みは問題なくできるようです。
(WMPやWMC以外の専用のソフトを使用すれば問題なく再生できるとのこと)

この場合、元のWindows 7を(通常モード)起動する。

PCを起動するとブートメニューに
"Windows 7"と"OSの名前 [128GB with ntkr128g.exe]"がありますね。

この"Windows 7"を選択してEnterを押せば、通常モードで起動できます。


"OSの名前 [128GB with ntkr128g.exe]"を削除したい場合は、以下の操作を行ってみて下さい。

1.通常モードのAdministratorで起動し、「ファイル名を指定して実行」に msconfig と入力、Enter。

2.ブートタブを開き>
"OSの名前 [128GB with ntkr128g.exe]"を選択して「削除」をクリック>OK。
(間違えないように気を付けて下さい)

これでブート画面の
"OSの名前 [128GB with ntkr128g.exe]"が消えます。

3.再起動します。


2.稀にWindows 7を起動後、タスクバー通知領域のサウンドのアイコンに×印があり、
音が出ないことがある。

この場合、マイコンピュータを右クリック>管理>サービスとアプリケーション>サービスを開き、
下にスライドしていくと「Windows Audio」サービスがあるので選択します。

そして、左側の「サービスの再起動」をクリックすると、サービスが再起動され、サウンドのアイコンの×印が消え、
音が鳴るようになります。(現在原因不明)


3.3Dゲームをしていると、一瞬画面が真っ黒になる(NVIDIAグラフィックカードで確認)

以上のように、テストモードでは一部の機能に制限が出てしまうようです。

追記:2010/02/08 一瞬画面が真っ黒になる問題は一部のPCのみのようです。

http://nagabuchi.jugem.jp/?eid=357

アニメーション効果を切るか、↑で解決するかもしれません。(僕のPCでは解決しました)

追記:2011/03/19 新たな情報が入りました。

http://nagabuchi.jugem.jp/?eid=426

2011/06/02

・「ReadyFor4GB」のダウンロードURLを更新しました。
---------------------------------------------------------------------------------


※一部のユーザー様がReadyFor4GBを使用して不具合が出ています。

コメントや http://nagabuchi.jugem.jp/?eid=426 を確認し、それでも実行したいという場合にのみ実行してください。

また、実行前に当サイトの上方にある「必ずお読みください」を
必ずお読みください。

【記事作者:Windows XP/Vista/7の裏技 - nagabuchi

広告

必ずお読みください | サイトマップ | TOPページへ

<< XP多機能プログラム強化版&バッチの書き方 | Windows 7 ネットワーク接続のショートカットを作成 >>

このページの上へ

相互リンク

Net Office Nakaiネットで簡単に無料でお金を稼ぐ方法!Broken Worldサイトの新規登録106相互リンク募集中∞ビジネスマンの徹底パソコン奮闘サイト動画エンコとフリーソフト ぼくんちのTV 別館POLICY.JUGEM.CCTeraTerm(テラターム)の便利な使い方フリーソフトラボ.comフレッツ光導入ナビウィンドウズ8 最新情報WEBPC Worldフリーソフト100