Windows XP/Vista/7の裏技

Windows XP、Vista、7の裏技や高速化をはじめ、問題解決方法、Autoitプログラミングについて紹介しています。自作ツールも配布しています。

必ずお読みください

広告

2008.08.23 Saturday

最強安全メモリ解放ソフト(マイクロソフト)

JUGEMテーマ:Windows


こんにちは、パソコンは使用する時間が長ければ長いほどメモリがどんどん少なくなり

パソコンの動作が遅くなっていきます。

特にメモリ搭載量が少ないパソコンは長時間使うには、たまに再起動しなければなりません。

再起動をすれば余分なメモリが解放されますね。

でもしょっちゅう再起動なんて面倒ですのでメモリ解放ソフトがあるのです。

メモリ解放ソフトはフリー、シェアでたくさんあり、使用している人もたくさんいると思います。

メモリ解放ソフトは環境によっては不具合が起こる可能性があります。

また、うまく解放できないこともあります。

そこで今日はマイクロソフトの最強で安全なメモリ解放ソフトを紹介します。

「empty.exe」このソフトはほかのメモリ解放ソフトとは違い、強制的に解放することはありませんので安全です。

しかも、効果抜群!

Windows Server 2003 Resource Kit Tools これをダウンロードしてWinRAR などで解凍します。

解凍した中に「rktools.msi」があるので、これも解凍する。(右クリックでプログラムから開く>解凍ソフトを選択>「empty.exe」を取り出す。)

面倒ならインストールして「empty.exe」を取り出しても構いません。

「empty.exe」を C:¥WINDOWS¥system32 の中に入れます。

デスクトップに新規でテキストを作成して以下を入力。(コピーOK)

@echo off
empty.exe *


保存して名前を 「empty.bat」(拡張子bat)に変更。(「メモリ解放.bat」でもいいですよ楽しい

タスクマネージャを起動してパフォーマンスの物理メモリの利用可能を見ながら「empty.bat」をダブルクリック。

利用可能が増えたのを確認できたらOK。

自動実行したい人はコントロールパネルのタスクに追加すればOK楽しい


メモリ「開放」と「解放」どちらが正しいか:

今回ユーザー様のご指摘により、詳しく調べた結果、占有したメモリ領域を解き放つという意味で「解放」が適切な表現だということがわかりました。

今まではあまり気にせず、メモリ「開放」という表現を使用しておりましたが、今回訂正させていただきました。

言葉というものは難しいとつくづく思います。

Tome様、ご指摘誠にありがとうございました。

広告

必ずお読みください | サイトマップ | TOPページへ

<< ReadyBoostに対応してないUSBフラッシュメモリでも使える! | 必見!複数のmp3を1つにする意外な方法 >>

このページの上へ

相互リンク

Net Office Nakaiネットで簡単に無料でお金を稼ぐ方法!Broken Worldサイトの新規登録106相互リンク募集中∞ビジネスマンの徹底パソコン奮闘サイト動画エンコとフリーソフト ぼくんちのTV 別館POLICY.JUGEM.CCTeraTerm(テラターム)の便利な使い方フリーソフトラボ.comフレッツ光導入ナビウィンドウズ8 最新情報WEBPC Worldフリーソフト100